MONEY

FX初心者はお金を貯めるべし!!お金がお金を生むFXの仕組みとは?

しゃこまん

FXを始めて2年半が経ち、証拠金70万円で1年に5~6万円ずつ資産を増やすことに成功しました♪

少しずつでも資産を増やすコツが知りたいあなたに向けた記事です。

 

「FX=リスクが高い」という考えがありますが、運用次第でリスクは高くも、低くもなります。

 

どうすれば低リスクで運用することができるか?

答えは簡単です。

お金を貯めて、レバレッジを抑えて運用すればいい。

 

お金を貯めて、証拠金が増えれば安定してお金を増やすことが出来ます。

リスクをかけずにお金を増やしたい。

そんなあなたのために、お金がお金を生むFXの仕組みについて解説します!

 

この記事に書かれている内容

  • FXの仕組み ~レバレッジと証拠金維持率~
  • お金がお金を生む理由 ~お金持ちほど利益が出せるのがFX!!~
  • FX初心者が目指す“目標金額”の立て方とは?

 

FXの仕組み ~レバレッジと証拠金維持率~

 

FXの仕組みを理解するためにも、レバレッジと証拠金維持率について理解していきましょう。

まずレバレッジとは何か?から解説します。

 

レバレッジとは?

レバレッジとはてこの原理を意味する言葉です。

ウィキペディアには以下のような説明があります。

 

レバレッジ英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8

 

少ないお金でもレバレッジをかけることで大きなお金として取引することができます。

日本のFX会社ではMaxで25倍までかけることが出来ますが、レバレッジをかけ過ぎると何が起こるか?

もし予想と反して損失が発生した場合、強制ロスカットが発生します。

 

強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは、一定以上の損失額が発生したときに強制的に決済するルールのことです。

FX会社により、ロスカットルールは異なりますが、証拠金維持率が50%~100%になったら強制ロスカットされると覚えておきましょう。

 

損失額を強制的に決済されたら、お金なんて増えないじゃん。

と思うかもしれませんが、ロスカットルールが無いと担保として入れているあなたのお金が一銭も残らないどころか、損失額が膨らみすぎて借金を作ることになります。

ロスカットルールがあることで、担保に入れている以上のお金がかからないため、安心して取引できるというわけです。

 

証拠金維持率とは?

強制ロスカットでもあげましたが、証拠金維持率とはあなたが担保としてFX会社の口座に預けたお金がどれくらい維持されているかを表した数値です。

証拠金維持率の計算式は以下の通り。

 

証拠金維持率(%)=有効証拠金(担保金)÷必要証拠金×100

 

計算式だと分かりづらいので、例を示します。

例えばあなたが100万円を担保にして取引を始めたとしましょう。

レバレッジを10倍に設定し、米ドル50,000通貨を保有したとします。

※1ドル=100円とする。

このときに必要な証拠金は以下の計算で算出されます。

必要証拠金=50,000通貨÷10(設定したレバレッジ倍率)×100円(1ドル分)

=500,000円

このときの証拠金維持率は、

証拠金維持率(%)=1,000,000円÷500,000円×100

=200%

となります。

強制ロスカットルールが証拠金維持率100%以下の場合、1ドル=90円以下で強制ロスカットされる、ということです。

証拠金維持率が高いほど、ロスカットされないことが分かりますね。

 

 お金がお金を生む理由 ~お金持ちほど利益が出せるのがFX!!~

 

お金持ちほど、利益が出せるのがFXです。

なぜならば、あなたが担保に入れるお金が多ければ多いほど、レバレッジを抑えて多くの通貨取引が出来るから。

例えば、あなたが余剰資金として1億円を持っていたとします。

レバレッジを10倍で設定したとして、1ドル=100円の通貨をいくら取引できるでしょう?

 


 

答えは1,000万通貨です。

ロスカットを考えて100万通貨で取引をしていれば証拠金維持率は1,000%となり、1ドル=100円が1ドル=1円に円高になってもロスカットされることはないのです。

でも、円高になったらお金が増えないんじゃないの?

と思う方もいるかと思いますが、FXにはスワップポイントという金利差調整分の利益または損失が発生します。

日本はマイナス金利を実施しているため、外国通貨を持つとスワップポイントはプラス側(利益をもらえる方)に働きます。

つまり、外国の政策金利よりも日本の政策金利が低ければ、ずっと利益を出し続けることが出来るわけです。

 


 

ちなみに、2019年12月現在だと米ドル1万通貨当たり約50円のスワップポイントが付くため、100万通貨を保有しているだけで1日5,000円の利益がある、ということです。
1年間保有していれば、ノーリスクで約180万円の利益を手にすることができます。

 

お金持ちほど、お金がお金を生み出すことが出来る。

FXは資金力がある人ほど、有利な投資であることが分かりますね。

 

 FX初心者が目指す“目標金額”の立て方とは?

 

お金持ちほどFXを有利に進められるのは分かったけど、お金が無い人はFXしない方がいいの?

いえ、そんなことはありません。

目標金額を定めて運用すれば、お金が無くてもFXで着実にお金を増やすことが出来ます。

 


FX初心者がお金を増やす方法は、先ほども挙げたスワップポイントです。

例えば米ドル1万通貨のスワップポイントが50円だとして、1年間で得られるスワップポイントは約18,000円です。

目標金額を1年間で50,000円としたとき、米ドル3万通貨を1年間保有し続ければいいことが分かります。

レバレッジ10倍に設定し、1ドル=100円の米ドルを3万通貨保有する際の必要証拠金は30万円となります。

ここでポイントなのは、証拠金維持率を“300%”目安で運用すること。

つまり必要証拠金が30万円の場合、90万円を担保金として用意しておくことです。

 


 

証拠金維持率を“300%”にする、ということは、1ドル=100円が80円になるまでロスカットされない、ということ。(強制ロスカットルール:証拠金維持率100%以下の場合)

昔はドル円相場が大きく荒れていましたが、現在は金融ショック等が無ければ20円も円高になることは少ないです。

心配であれば、証拠金維持率50%以下のロスカットルールを適用しているFX会社を選ぶことで、1ドル=100円が75円になるまでロスカットされなくなります。

 

ロスカットされないように運用していけば、安定してお金を作り続けられることが出来ます。

投資は自己判断ですが、工夫次第で資産形成できることが分かりますね。

 

まとめ

今回の記事では、お金がお金を生むFXの仕組みについて解説しました。

FXだけではありませんが、投資を1発逆転のギャンブルのように考えている方はうまく成果を上げることが難しいです。

すぐに結果を求めず、ゆっくりと成長させていく。

そして、お金がお金を生む仕組みを肌で理解できればもっと証拠金を増やし目標金額を上げていくことで、より大きなお金を作り出すことが出来ます。

実際に私が1年で5~6万円を作り出す方法を書いた記事もありますので、こちらも合わせてお読み下さい。

【2020年】FX初心者でも出来る!月5000円の資産形成術とは?

しゃこまん 安定して資産を増やしたい!と考えているあなたに向けて、FXでの資産形成術を教えます。   ”資産形成”と聞くと、貯金を思い浮かべる人が多いです。 ただ、あなたのお給料を貯金し続け ...

続きを見る

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゃこまん

30代独身のサラリーマン兼業ブロガー。 支出の把握、資産運用、仕事の効率化を取り組みながらブログで発信♪ 婚活男子なので、婚活の現実や取り組み内容も発信予定です!

-MONEY
-,

Copyright© しゃこまんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.